予防歯科 | 大宮桜木町の一般歯科・予防歯科・審美歯科・歯周病・インプラント - 桜木町ヒロ歯科クリニック

予防歯科

ホーム > 予防歯科

歯を失う原因の95%が虫歯か歯周病

虫歯や歯周病は細菌による感染症で、お口のメンテナンスを怠っていると、細菌はまたたく間に増殖していきます。

虫歯や歯周病などの治療が終わってホっとされていませんか?

一度の治療だけで再発させないことはとても困難なのです。
お口の中の健康を守り、生涯を通じて健康な歯でいるためには、虫歯や歯周病を予防することがとても重要なのです。

ページトップに戻る

メンテナンスの重要性

年代別歯科医院のかかりかたと歯の残存数

メンテナンスとは、歯周病などを再発させずに健康な状態を維持していくための、定期的なプロによる検診と治療のことです。

「悪くなってから行く」歯科医院ではなく、予防のために行く歯科医院が欧米では主流になっています。

歯周治療やインプラント治療後、取り戻した健康なお口を守るためには、歯科医院でのメンテナンスがとても重要な役割を果たします。
しかも、お口の中の健康だけでなく、全身の健康、QOL(生活の質)向上にもつながります。

目安として、3か月ごと(ワンシーズン)に1回、メンテナンスを継続して受けていただくことで、良好な口腔内環境で過ごせます。

メンテナンスのサイクル

ページトップに戻る

当院でのメンテナンス

虫歯や歯周病、また問題が生じそうな部分のチェックを行い、必要に応じてCT検査を行います。さらに正しいセルフケアを丁寧にご指導し、歯石及び歯表面の着色除去やPMTC(プロが行うクリーニング)、フッ素ジェルの塗布などを行います。

エアフローマスターピエゾン(歯面清掃用装置)

エアフローマスターピエゾン

スケーリング機能と歯の表面の清掃機能を搭載した優れた装置を当院では導入しています。
メンテナンス用途に応じた特殊なパウダーと、超音波&高圧エアーのスプレー洗浄で、歯垢または歯石の除去、歯の表面にこびりついた頑固な歯垢や着色、細菌の塊であるバイオフィルムを短時間で除去し、歯の表面の清掃と歯周ポケットのメインテナンスを1台で行える装置です。

転載:「株式会社 松風 エアフローマスター」

ページトップに戻る

ご自身でのセルフケア

定期メンテナンスに加えて、日々のセルフケアが重要なのは言うまでもありません。
正しいセルフケアを身につけて、ぜひ習慣化して下さい。

電動歯ブラシでしっかりオーラルケア

電動歯ブラシの歯垢除去力は手磨きの約7倍といわれています。数ある電動歯ブラシの中で当院がお奨めするのは、フィリップス社製の「ソニッケア」です。

ソニッケア

ソニッケアの4つの効果

  1. 超音波水流で歯垢を徹底除去
  2. 柔らかい毛先で歯ぐきにも優しい
  3. ステイン(着色汚れ)を減少させ、自然な白さに近づく
  4. 空気とミクロの水滴で歯間の汚れも簡単清掃

歯磨きの基本

1か所を20回以上、次の3つのポイントに注意して歯磨きしましょう。

  1. ポイント1

    歯への毛先のあてかた

    歯ブラシの毛先を歯の表面、歯と歯の間、そして歯と歯茎の間にしっかり当てます。歯の表面は毛先を垂直に、歯と歯茎の間は45度の角度であてましょう。

  2. ポイント2

    歯ブラシの毛先が広がらない程度の力で押し当てます。

  3. ポイント3

    5~10mmの幅を目安に、1~2本ずつ細かく動かして磨いていきます。

歯垢の除去

歯垢が残りやすい部分

舌で触るとザラザラした感触があれば、それは歯垢(プラーク)です。歯垢は水に溶けにくく粘着性が強いので、口をゆすぐだけでは取り除けません。特に奥歯のかみ合わせ部分、歯と歯の間、そして歯と歯茎の境目などは歯垢がたまりやすいので、入念なお掃除が大切です。

ご自分に合った歯ブラシでブラッシング

ハブラシは毛先が開くと、歯にきちんと当たりにくくなり、効果は激減します。
ハブラシは1か月に1本を目安に交換しましょう。
また、人によって歯の形や歯並びは違いますので、自分の歯の状態に合わせて、適切な硬さ、形の歯ブラシを使いましょう。

デンタルフロスと歯間ブラシで歯と歯の間の歯垢を除去

歯と歯の間や歯周ポケットの汚れは、歯ブラシだけでは取り除くことが難しいものです。
歯ブラシで磨きにくい部分は、虫歯になりやすい部分でもありますので、デンタルフロスや歯間ブラシを併用しましょう。

フロス

痛みを感じないのに出血したり、フロスに血がついてしまうのは、歯肉炎が発生しているためです。また、ポケット内でひっかかりがある場合やすぐに糸が切れてしまう場合は、ポケット内に歯石がついていることが考えられます。その時は早めの検診で虫歯・歯周病予防に努めましょう。