初めての方へ | 大宮桜木町の一般歯科・予防歯科・審美歯科・歯周病・インプラント - 桜木町ヒロ歯科クリニック

初めての方へ

ホーム > 初めての方へ

初めての患者様へ

医院理念

  • 幸せな食生活を通じて、患者様を笑顔にし、ポジティブ思考へのお手伝いができるような医院を目指します。
  • 患者様のお口を通して体全体の健康を守るため、最良の歯科医療を提供すべく世界基準の技術や設備を充実させ、日々様々なセミナーや学会に参加し地域の皆様に貢献できるよう研鑽しております。
  • 家族や友人、大切な人との時間や老後など、笑顔で素敵な健康的Lifeを送れるように地域のかかりつけ医として信頼される歯科医療をご提供するためにスタッフ一同、取り組んでまいります。

安心して受診していただくための取り組み

歯科医院での治療は、患者様にわかりにくいことが沢山あります。
例えば今日の治療内容や、かかった費用など、後になってこんな筈ではなかったという結果になってしまうこともよく聞くお話です。

当院では、患者様とのコミュニケーションを大切にし、インフォームド・コンセント(医師と患者様との十分な情報を得た上での合意)を実現いたします。

そのために初診時(場合によっては2回目)に患者様の主訴(来院理由)が緊急を要する場合は改善したのち、必ずお口の中の資料取りをさせていただきます。
その後個室のカウンセリングルームにてお話しをお伺いし、治療計画をご提案させていただきます。

この際、治療計画にご納得いただけない場合やご理解が得られない状況下では、患者様とのインフォームド・コンセント(医師と患者様との十分な情報を得た上での合意)が実現しているとは言えません。
そういった場合にも、丁寧にご説明させていただきますのでお問い合わせください。

また、当院では虫歯や歯周病になってしまった口腔内を改善することは勿論、なぜ虫歯や歯周病になってしまったのか?その根本を解決することによって、2度と痛い思いや嫌な思いをしないことを、一番に考えた診療をしています。
そのためには、みなさまの普段の食生活など生活習慣を、お聞きする必要があります。
痛くなってから来るのではなく、痛くなる前に定期的に通う方が患者様の身体的、経済的負担を軽減できます。

どんなことでも話しやすい環境を整えて、お悩みや不安を一緒に解決していきましょう。

桜木町ヒロ歯科クリニック 院長 薄井 孝弥

治療の流れ

初診

初診

ご記入いただいた問診票をもとに、歯やお口の悩みをお聞きしながら、診断させていただきます。
より正確な診断をさせていただくために、お口の中のお写真やレントゲンのお写真を撮らせていただくこともございます。

<症状が強い方へ>
お痛みが強い場合や、詰め物・被せものが取れてお困りの場合には、先に応急措置をさせていただきます。

カウンセリング

カウンセリング

初診でお聞きした内容や、お写真などの検査結果をもとに、お口の中の状態をしっかりご説明させていただきます。
そのうえで治療のご希望やご不安などを相談しながら、患者様にベストな治療計画を立案させていただきます。
さらに必要であれば精密検査を行う場合もございます。

治療開始

治療開始

治療計画に基づいて、患者様のご負担が少ないように心がけ、治療を進めてまいります。
心配な事、不安な事などがございましたら、ご遠慮無くおっしゃってください。

治療終了・メンテナンス

治療終了・メンテナンス

治療後は、初診時・治療中・治療後のお口の状況により、お一人おひとりに合ったメンテナンスプランをオーダーメイドでご用意させていただき、患者様と一緒に“永く健康なお口”を維持してまいります。

患者さまへのお願い

来院時に必要なもの

保険証を必ずお持ちください。他院で薬を処方されている方は、そのお薬の説明書をご持参ください。

完全予約制について

一人ひとりの患者様の診療時間を確保し、待ち時間をできるだけ短くするために、当院は完全予約制とさせていただいております。

※急患の方は随時受付しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

キャンセルについて

キャンセルの場合は、前日までにご連絡をお願いいたします。

遅刻について

10分以上遅れてご来院された場合、十分な治療ができない場合もございます。
また、他のご予約の患者様にご迷惑をおかけする場合もございますので、予約のお取り直しをお願いする場合もあります。

ご協力とご理解を賜りますよう宜しくお願い申しあげます。

自費治療と物販にのみ、クレジットカードが利用できます

保険治療と自費治療の違い

保険治療と自費治療では、患者様の負担する治療費の割合が異なります。

保険治療の場合は、自己負担割合(3割~1割)が設定されています。年齢や所得により異なりますが、治療費から定められた負担割合の部分のみお支払いいただきます。一方で自費治療は全額自己負担となります。

使用できる材料や治療法の違い

保険治療は「国が定めた最低限の治療」という位置づけです。しかし自費治療に比べて選択肢が限られます。

自費治療であれば、見た目が良く劣化しにくい材料の使用や、金属アレルギーを発症しにくい等、患者様のご要望に沿った治療法を幅広くご選択いただけます。

※詳しくは治療時にご説明させていただきます。

※保険治療の場合は現金でのお支払いとなります。

※クレジットカードでのお支払いも医療費控除の対象(治療を目的としている場合)となります。詳しくは医療費控除をご覧ください。

お子様連れでの来院をされる方へ

一時保育のご案内

一時保育のご案内

新型コロナの影響もあり、小さなお子さんを連れての来院を控えておられる方も多いのではないかと思います。
口腔内の健康が感染予防や重症化を防ぐと言われてますので、お子さんがいらっしゃる方は尚更、一時保育などを利用して定期的に検診を受けていただければと、近隣の保育園での一時預かりをご案内しております。
一時預かりの保育園や費用等、詳しくは当院までお問合せください。
※当面の間、一時保育の費用(1時間分)は当院が負担いたします。

歯科の医療費控除について

歯科の医療費控除とは?

医療費控除とは、確定申告の時に申告できる所得控除のひとつで、生計をひとつにする家族が前年一年間(1月1日~12月31日)に支払った全ての医療費(各種保険診療、インプラント・矯正治療などの自費診療)の合計が10万円を超えた場合に、支払った所得税の一部が控除され戻ってくるというものです。

同一の生計で生活している家族の医療費(毎年1月1日から12月31日までの分)を支払った場合には、翌年の3月15日までに申告すると医療費控除が適用され税金が還付または軽減されます。

医療費控除の対称となる医療費には、各種病院や診療所で支払った保険診療の治療費だけでなく、インプラントなどの自費診療の費用や治療に必要なその他の費用も含まれます。注意が必要なのは『治療に必要な費用』ということで、治療の必要がなく完全に審美目的で行った場合の費用は対象外ということです。

また、年間お支払いになった医療費が10万円以上でなければ対象となりません。(申告額は200万円が限度です)所得金額合計が200万円までの方は、所得額の5%以上医療費がかかった場合に申告できます。

控除金額について

控除される金額は下記の計算額になります。

控除される金額

この計算式で算出された医療費控除の対象金額に対して支払った分の所得税が実際に戻ってくる金額になります。インプラントなど高額な自費診療を受けた方は医療費控除をご活用ください。また、所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。

詳しくは国税庁のホームページをご覧ください。

医療費控除の対象となる医療費

  • 医師、歯科医師に支払った診療費、治療費
  • 治療の為の医薬品購入費
  • 通院、入院の為に通常必要な交通費(電車賃、バス代、タクシー代等)
  • その他

還付を受けるために必要なもの

  • 確定(還付)申告書(給与所得者は源泉徴収票)
  • 領収書(コピーは×)
  • 印鑑、銀行等の通帳
  • ※支払った医療費が高額な場合などは、医療費の明細書も必要です。
  • ※確定(還付)申告書は地元の税務署においてあります。
  • ※申告期間は翌年の2月16日から3月15日の間です。ただしサラリーマンの方の還付は1月以降受理されます。