ブログ

ブログ

治療するべき歯を放置するとどうなるのか?

 

皆さんは現在「治療しないと」と思っている歯はございますでしょうか?

  • 虫歯ができたのに仕事が忙しくそのままにしてしまった。
  • 歯医者さんが怖くて、歯が痛いまま放置してしまった。
  • 歯に穴が空いているのに気付いたが痛みがないので歯医者に行っていない。

などなど…
このような理由から治療を後回しにし続けてしまっている方が多いかと思われますが、実はこの後回しはすごく危険なのです。

今回はそんな 治療するべき歯を放置するとどうなるのか? について解説いたします。

 

放置してしまうと…

治療するべき歯をそのままにしていると、細菌は歯の中まで進み歯の根っこ(歯根)の先に病巣を作
ります。
そうなると歯の根っこの治療(根管治療)が必要になります。

病巣って?

病巣とは一般的に【病気の中心部。病原のある箇所】という意味です。
歯の場合ですと画像の根本あたりにできているのが病巣になります。

 

根管治療について

虫歯が進行し、神経まで影響を受けてしまった場合に行われるのが根管治療です。

根管治療は、歯髄(神経)を除去するものの歯自体は残すことができます。つまり、ご自身の歯を保持するための最後の手段とも言えます。

根管治療において大切なこと

根管治療は、治療方法により成功率に差がありますが、もっと大切なことは早期に治療することです。
治療しないでおくと細菌はより複雑化し治りにくくなります。(難治化)

 

当院の精密根管治療

当院では、マイクロスコープを使用することで、細かい部分をより鮮明に観察し、根管治療の精度を高めています。
また、ラバーダムの使用により治療中の感染リスクを最小限に抑えているのも特徴です。

当院において抜歯は最後の選択として捉えていますので、他院で歯を抜かなければならないと言われた状況でもお気軽にご相談ください。

※まず診査診断から行いますので、いきなり痛い治療をすることはありません。安心して来院してください!

詳しくはこちら▶精密根管治療について

ページトップ
電話web予約アクセスTOP