一般歯科 | 大宮桜木町の一般歯科・予防歯科・審美歯科・歯周病・インプラント - 桜木町ヒロ歯科クリニック

一般歯科

ホーム > 一般歯科

“できるだけ歯を削らず残す”“痛みの少ない治療”を

治療中の痛い経験をしてから歯医者に通えなくなってしまった方へ ──
桜木町ヒロ歯科クリニックでは患者様のご負担を軽減するために「痛みの少ない治療」を心がけています。

当院の痛みの少ない治療へのこだわり

虫歯の治療に欠かせないのが麻酔です。「麻酔自体が痛い」とおっしゃり、虫歯の治療をためらう患者さんもいらっしゃいます。
当院の「痛みの少ない治療」は、麻酔注射の痛みを和らげる最大限の努力をしています。

【ポイント1】 針が刺さる痛みを表面麻酔で軽減

テープ式表面麻酔「リドカインテープ」の効果

当院では針を刺す部位の粘膜にテープ式の表面麻酔「リドカインテープ」を2~3分貼ることで、注射針を刺すときの痛みを和らげます。

ほとんどの歯科では、ゲル状の塗り薬を使用していますが、唾液とともに薬が流れてしまい、十分な効果が得られない場合があります。「リドカインテープ」はコストがかかるため、歯科ではあまり使用されていません。

【ポイント2】 極細針でゆっくり麻酔薬を注入

当院では、0.28mmという極細サイズの注射針を使用して、針刺入時、及び麻酔注入時の痛みの軽減に取り組んでいます。

当院の麻酔注射の特徴

虫歯の進行

虫歯は進行状態によってCo~C4 までの段階に分けられます。セルフチェックで、ご自分の歯の状態を知ってください。

Co(シーオー)

Coの状態

まだ歯に穴は開いていない初期虫歯の状態です。適切な歯磨きをすれば、元の健康な状態に戻すことができます。

【治療方法】
メンテナンスで定期的にチェックするのが望ましいです。
フッ素塗布や糸ようじをお使いいただくことも非常に効果的です。

C1

C1の状態

歯の表面のエナメル質に穴が開いた状態がC1です。まだ痛みはありませんが、放置すると進行してしまうので、削って詰める治療が必要です。
まだ削る部分は最小限で済み、麻酔をしなくとも治療中に痛むことはありません。

【治療方法】
痛みがなく、歯と歯の間などご自分で見つけることが難しい状態ですので、メンテナンスでチェックされることをお勧めします。

C2

C2の状態

虫歯菌がエナメル質の下にある象牙質(エナメル質の下で、削ると痛いところ)にまで達した状態です。神経までは達していませんので、それほど強い痛みは感じませんが、治療時に麻酔が必要なことがあります。ときどき甘いものなどが染みることもあります。

【治療方法】
削って型取りをし、出来上がってきたものを詰める治療を行います。

C3

C3の状態

虫歯菌が神経にまで達してしまい、激痛を伴います。この段階では、夜寝れない痛みが出たり、咬んで痛みが出たりします。放置すると一時的に痛みが治まりますが、根っ子に膿がたまっていることがありますので炎症を引きおこす可能性があります。

【治療方法】
麻酔をして歯を大きく深く削り、歯の中をきれいに消毒した後、しっかりとしたかぶせ物をする必要があります。

C4

C4の状態

歯の上がすべて崩壊し、神経が死んでしまった状態です。痛みは少ないものの、虫歯菌が血管を通り、心臓病や腎臓病を引き起こすリスクもあります。

【治療方法】
インプラント、ブリッジ、入れ歯を入れる場合があります。